顧 問          
折居和夫


 寒河江市内で内科医院を開業し16年になります。一般内科に加えて、在宅医療・脳卒中内科・疼痛対策・メタボ対策・ターミナルケア・禁煙外来などを主に診療をしています。

 県協会の理事は四期目、県協会会長は三期目に入ったところです。最初は村山地区支部からの推薦理事、四年前からは県医師会からの推薦理事です。ケアマネ業務には実際には携わっては居りませんが、在宅の患者さんたちが日々お世話になっております。サービス担当者会議も、当院の待合室を提供して開催してもらっております。

 前会長三須先生が急逝され、その後を引き継いでの急造会長(現在は顧問)ですが、矛盾だらけ逆境・問題課題だらけの環境の中、現代社会の最も大切な部分を現場で支えているのがケアマネだと思っています。社会的にも事業所的にも個人的にも、経済的にもやり甲斐的にも少しでも前進するような活動ができれば思っております。

 お年寄りを大事にしない国になってしまいました。医療・福祉・教育は金儲けの対象にしてはもちろんいけませんし、行革の経費節減の対象としてもいけないと強く思っています。現実はこの三者とも瀕死の状態です。

 しかし何事も、眉間にシワを寄せての悲劇の女王では私達自身のQOLは低下します。「まともなこと」を「たのしく」そして「むくわれる」生き方をしたいものです。県協会へのご理解とご支援と、そして積極的なご発言をどうか宜しくお願い致します。



[ 当院(寒河江市内 折居内科医院)のHP・・・
http://www.snma.or.jp/~orii/  ]


                         折居 拝





戻る